代々木駅前 フリースクールゆうがく

 新年度よりフリースクールゆうがくに中医学の徐先生がやってきました。
日本では西洋医学が主流ですが、お隣中国では昔から伝わる東洋医学が根強く、西洋医学を取り入れられながらも東洋医学との両輪で医学が活性化されています。
 東洋医学はメスを使わず外から身体を刺激し、即効性のある精製薬を使わず食べ物からできた漢方を処方し、時間をかけて体質改善する方法をとっています。身体に負担が少なく、慢性的な病の改善に適しています。貴重な中医学の知識のある先生がこんなに近くにいるのなら、教科の学習に留まらず、何をおいても大事な子ども達の健康な身体作りについて学び、中国文化にふれ、広い視野で様々なものを取り入れられる心を育てられると考えます。とはいえ真剣に学べばどれも専門的で奥深く子ども達には難しくなります。ですからここでは楽しみながら「いつの間にか身についた!」を目指し、ブレイクタイムのつもりで気楽に試してみてほしいです。

中国語会話  火曜11:20〜12:00

こんにちは!はじめまして、私は○○です。
よろしくお願いします。
また、合いましょう。
など初対面の人が自己紹介に使える中国語を教えてもらい、それぞれ自己紹介できるようになりました。
昔むかし、日本は中国の漢字を取り入れ、日本語に合うように工夫し使い始めました。
時は流れ中国の漢字は書きやすいように変化し現在ではかなり簡略化されました。
中国人からみると日本の漢字は古文をみるような気持ちになるのかも知れませんね。
中国語は日本語よりも複雑な音が多く正確に発音するのは難しいのですが、子ども達は耳が良く上達が早いです。どの子も中国で使ったら通じるレベルまで上手に発音できていると徐先生も褒めてくれました。
今後は「私は日本人です。」「私は苺が好きです。」といった自己紹介で使える内容の会話を発音しながら増やし、“徐々に徐々に”(徐先生の口癖)教えてもらう予定です。

中国拳法  水曜13:40〜14:20

 健康な身体を作るために中国拳法を始めました。
日本では朝ラジオ体操をする学校や地域がありましたが、最近はあまり見かけません。
朝の運動習慣では太極拳も有名です。ラジオ体操や太極拳が定着しているのは、朝のウォーミングアップに程良い運動量ということなのでしょう。
フリースクールゆうがくでも何か運動習慣を身につけたいと考えていました。
昨年度、朝のホームルームで軽いストレッチを組み込んでみましたが、なかなか定着せず、朝は機嫌の悪い子や動きたくない子の「なんでこんなことをするの?」という大反対にあい、習慣化できず自然消滅しました。
今年の4月、5月に関連校の空き教室で、古い卓球台を工夫し、みんなで卓球をしました。卓球は初めてという子も球を打ち始めるとラケットに球が当たるように集中し、1時間でかなり上達しました。
卓球をする前には放課後はパソコンで動画を見ると言ってた子も時間を忘れて楽しんでいました。
誰でもただ身体を動かすのでは動きたい気持ちになれません。楽しくて初めて動くのです。
中国拳法もストレッチからはじまりますが、攻撃や防御をイメージしながら、綺麗に型を決めるために必要な動きをする中で筋力をアップさせられます。
武術と舞踊が融合されたような型で、男女問わず楽しめる全身運動になっています。

整体  木曜13:40〜14:20

1回目の授業は首と肩の施術を実際に見るところから始まりました。実験台の新開先生があまりにも気持ち良さそうだったので、思わず「私もやってほしい!」と生徒が声を上げていました。しっかり覚えれば親孝行できそうな授業です。
COPYRIGHT(C) フリースクールゆうがく